リサイクル業界で生き抜く為に必要なスキルを大公開!

>

どうしてリサイクル業界が注目を浴びているの?

リサイクルとは何か?を知る

リサイクル業界に参入する前に、まずリサイクルとは何か?を説明します。ちなみに面接時には必ず聞かれるので、対策にも役立ちます。
そもそも国内でリサイクルが盛んになったのは、1991年に施行された再生資源の利用の促進に関する法律が始まりです。有限である資源を大切に使い、循環型社会を目指す為の第一歩だと考えられました。
そこから家電・建築・自動車・食品・パソコン・容器包装と徐々にリサイクルが進んで行きました。これらは分別され資源として生まれ変わり、私達の生活に寄り添ってくれます。
この資源にする過程で出てくるのが廃棄物です。家庭ごみから出る廃棄物や、事業系一般廃棄物・特別管理一般廃棄物を一般廃棄物と呼び、それ以外を産業廃棄物と呼びます。

基本的な知識をマスターしよう

資源と廃棄物はリサイクル業界で働く為に必ず出てくるキーワードですので、良く覚えておきましょう。
資源に関する知識は始めの内は種類が多く、うまく覚えられない事もあります。始めに全てを覚えるのではなく、仕事を通じて覚えていくのも良いです。
廃棄物の処分方法は一つでは無く廃棄物の種類によって定められています。それを誤ると犯罪行為になってしまう可能性もありますので注意して下さい。
リサイクル業界の基本知識として、これから日本は循環型社会を目指す為に資源を有効に活用している事。その為には様々な方法でごみを分別して資源に変え、それに伴い出てきた廃棄物を法律に則った方法で処分していくと言う事を頭の片隅に置いておくと良いです。


この記事をシェアする